オリックス銀行カードローンはブラックで審査に通る?

[公開日] [最終更新日]

ブラックリストのボード

オリックス銀行カードローンはブラックでは審査に通りません。
過去に返済トラブルや債務整理をしてブラックリストに登録されている方は、銀行カードローンや大手消費者金融は利用できないと考えた方がいいでしょう。
中小の消費者金融であれば、ブラックでも融資を行う業者がありますが、闇金の恐れもあるため、申し込み前に正規の貸金業者か確認しましょう。
なお、少しの返済の遅れや、他社からの借入がある程度であれば、オリックス銀行カードローンの審査には通るようです。


オリックス銀行カードローンをブラックが利用できない理由

ブラックでは返済リスクが高いと見做されるため、オリックス銀行カードローンの審査に通ることは出来ません。また、オリックス銀行だけでなく、正規の貸金業者であれば、ブラックは審査に通らない可能性が高いです。

事故情報はすべての信用情報機関で共有

返済の遅延や踏み倒しなど、融資が正しく返済されなかった場合、金融事故として信用情報に記録されます。
通常、信用情報はそれぞれの信用情報機関によって保管されており、クレジットカードの利用履歴はCIC、消費者金融の利用履歴はJICCというように分担されています。
しかし、事故情報だけはすべての信用情報機関で共有されるようになっており、あらゆる信用審査に通らなくなってしまうのです。
この状態を一般的にブラックと呼び、事故情報が消えるまで、ブラックは審査に通らなくなるのです。

オリックス銀行カードローンの審査を行う保証会社は?

  • オリックスクレジット株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社ありますが、どちらともJICCとCICに加盟しています。そのため、オリックス銀行カードローンの審査では、オリックス銀行が加盟している分と合わせて、主要な3種類の信用情報機関が利用されることになります。
そのため、クレジットカードや消費者金融の返済履歴なども、審査には多少の影響を及ぼすことになります。


ブラックに登録される理由

ブラックに登録される理由は主に二つです。
中でも自己破産をした場合には、大体10年間は事故情報が消えないのでご注意ください。

3カ月の返済遅延で契約解除された場合

カードローンの返済が遅延した場合、数日であれば催促の電話やメール程度で済みますが、3カ月以上遅延した場合には、強制的に契約解除となり、ブラックに登録されます。
また、契約解除になったからといって、返済義務がまぬかれたわけではなく、保証会社が債権を買い取って引き続き取り立てを行います。その頃には、遅延損害金もかなり発生しているため、多額の債務を返済しなければなりません。
また、3カ月以降も取り立てを無視し続けた場合、最悪銀行口座の差し押さえもあり得るので注意しましょう。

債務整理で利息や債務を減額した場合

債務整理をして利息や債務を減額すると、ブラックに登録されます。
債務整理自体は違法ではありませんが、信用取引上は信頼できない顧客として登録されるからです。
また、債務整理の種類によってブラックに登録される期間は変わり、すべての借金を帳消しにする自己破産では、最大で10年間ブラックに登録されることになります。
ブラックに登録されている期間は、カードローンだけでなく、クレジットカードやキャッシングも利用出来ないためご注意ください。

スマホの支払い遅延でブラックになることも?

最近ではスマホの料金支払いの遅延でブラックになる方が増えています。
スマホは機種自体が高額なこともあり、毎月の料金に合わせて分割払いする方が多いと思います。しかし、分割でローンを組むということは、当然保証会社が間に入っており、支払いが遅れた場合には、信用情報機関へと記録されてしまうのです。
そのため、過去にスマホの契約を強制解除されたことがある方は、いつの間にかブラックに登録されているかもしれません。


オリックス銀行カードローンの審査は通りにくい?

オリックス銀行カードローンの審査は、ブラックでは通ることが出来ませんが、信用情報に問題がなければ、申し込み条件さえ満たしておけば審査には通ります。

パートやアルバイトの方でも申し込みを受け付けているので、銀行カードローンの審査は通らないと思い込んでいる方にもおすすめです。

しかしオリックス銀行カードローンは新規顧客獲得に力を入れていますが、さすがにブラックに登録されている状態では審査に通ることが出来ません。
何度も審査に落ちてしまうという方は、一度自分の信用情報を確認して、ブラックになっていないか確認してみるといいでしょう。