オリックス銀行カードローンは在籍確認が必要

[公開日]

職場で電話をする男性

オリックス銀行カードローンでは、カードローンに申し込んだ際には電話での在籍確認が必須です。
銀行系カードローンであれば、殆ど在籍確認は必須となっているため、どうしても電話をして欲しくないという方は、在籍確認が必要のない消費者金融を探すといいでしょう。

在籍確認とは?

在籍確認とは、現在働いている職場へと在籍しているか電話で確認することです。
カードローン業者としては、在籍確認を行うことで、申し込み情報の中でも重要な勤務情報を確認することができます。
銀行系カードローンは審査基準も厳しく、リスクを避ける傾向にあるため、申し込みの際には電話での在籍確認が必須となっています。
一方、プロミスなどの消費者金融では、書類を提出することで在籍確認を回避することも出来ます。
カードローン業者には、第三者へと借金の存在を話してはならないという決まりがあるため、在籍確認の電話も細心の注意を払ってくれるため、電話が来たからといって借金が周囲にばれる可能性は非常に低いでしょう。

在籍確認のメリット

在籍確認を受けるメリットとしては、確実に審査に通りやすくなるということです。
審査で一番重要視されるのが、返済するための安定した収入があるかどうか。在籍確認をして職場に在籍していることを確認できれば、よっぽど信用情報の評価が悪くない限り、審査には通るでしょう。

在籍確認のデメリット

在籍確認最大のデメリットとしては、職場へと借金の存在がばれてしまう可能性があることです。銀行側もカードローンの在籍確認だと気づかれないよう注意を払ってくれますが、過去にカードローンを利用したことがある同僚などがいると、気づかれてしまう可能性もあります。
特に日ごろ外部から電話がない方であれば特に、在籍確認の電話で怪しまれる可能性は高まるでしょう。


オリックス銀行カードローンでは在籍確認が必須

オリックス銀行のカードローンでは、審査の際に電話での在籍確認が必須です。
しかし、オリックス銀行の在籍確認は第三者に借金の存在がばれないよう細心の注意が払われているため、過度に心配をする必要はないでしょう。

電話のルール

オリックス銀行カードローンの在籍確認では、まず担当者が名前だけを名乗り電話をするので、銀行からの電話だと気づかれる心配もありません。会社名を訊かれた際にも、『オリックス銀行』とだけ名乗るため、口座を開設したなどといった口実を作れば誤魔化せるでしょう。
普段会社で電話に出ないから怪しまれそうと心配な方は、事前に周囲の人たちへ電話がある旨を伝えておくことで、不審に思われることもないでしょう。

銀行の在籍確認は消費者金融よりリスクが少ない?

消費者金融からの在籍確認であれば、業者名が知られただけで借金があるとばれてしまいますが、銀行が相手であれば色々と口実を作ることができます。
周囲の人に借金がばれたくないという方は、銀行カードローンを利用した方がいいかもしれません。

専業主婦の在籍確認はどうする?

オリックス銀行カードローンでは、専業主婦の方であれば在籍確認を行っていません
配偶者の勤務先へと確認の電話をするといったことはなく、本人への電話確認のみを行っています。
しかし、銀行によっては専業主婦の審査では、配偶者への電話確認のみならず、勤務先へ電話をかける業者もあるため、配偶者に内緒でお金を借りたいという方は、申し込む前に在籍確認の流れについて調べておくといいでしょう。


カードローンの審査で大きな障壁となるのが在籍確認です。
中にはカードローン業者から電話があると非常に困る方も多く、申し込む前に在籍確認の詳細を調べておく必要があるでしょう。