オリックス銀行カードローンの申し込みまでの流れ

[公開日] [最終更新日]

このページではオリックス銀行カードローンの申し込みの流れを紹介していきます。
オリックス銀行カードローンはネットから申し込みが可能で、初めてお金を借りるという方にも分かりやすい、シンプルな申し込み方法が人気を集めています。


オリックス銀行カードローンの申し込みフロー

スタンダード

まずはオリックス銀行カードローン公式サイトから申し込み

オリックス銀行自体がネット銀行ということもあり、オリックス銀行カードローンはネット申し込み専門です。
申し込み方法も非常に簡単で、「お申し込みはこちら」をクリックするだけで公式サイトの申し込み画面へと進むことができます。
当サイトでも、下記のオリックス銀行カードローンの詳細ページから、公式サイトへジャンプすることができます。

オリックス銀行カードローンの詳細ページ

申し込み規約に同意する

オリックス銀行カードローンの同意画面

申し込みの前に、オリックス銀行カードローンの規約や、個人情報の取扱いに関する規定などに同意する必要があります。初めてカードローンを利用する方などは、目を通しておくことをおすすめします。

申し込みフォームに必要情報を入力

オリックス銀行カードローンの申し込みステップ

普段ネットをあまり利用しないという方や、初めてカードローンに申し込みをするという方は、ネット申し込みと聞くと面倒なイメージを持つかもしれませんが、記入すべき項目を入力するだけなので、普通に入力しても10分あればすべての情報を入力できます
入力する情報は、「お客様情報」と「ご勤務先について」の二項目となっており、その後は希望する限度額など入力する流れとなっています。

仮審査の結果を待つ

申し込み事項を全て記入し送信すると仮審査が始まります。
オリックス銀行カードローンでは、仮審査の結果は最短即日で通知しており、遅くても翌営業日には結果を知ることが出来るでしょう。
また、ネット申し込み時に記入事項に書き間違えや入力ミスなどがあると、確認のためにさらに時間がかかることもあります。記入は正確に行いましょう。
なお、審査結果は基本的にEメールで届くため、必ずパソコンからのメールを受信できるメールアドレスを記入しておきましょう。最近では、受信ドメインを制限しているからメールが届かないというケースも増えており、メールの再送信にも時間と手間がかかるため、事前に準備しておきましょう。

在籍確認の連絡が入る

申し込みしたのが本人で間違いないか、記入されていた会社に本当に勤務しているのかなどの確認電話が入ります。
在籍確認の電話は個人名でかかって来るため、会社の人にカードローン会社から電話がかかって来たとばれる心配もありません。
確認の電話が終わらない限り、本審査へと移ることが出来ないため、申し込みの後は電話に対応できる用意をしておきましょう。なお、在籍確認の電話では、本人が出なくても在籍していると分かれば大丈夫なようです。
また、専業主婦の方であれば、配偶者の勤務先に電話がかかるということはなく、自分の携帯への連絡だけで終わるケースが多いので安心です。

必要書類を提出する

運転免許証をお持ちだったら一番楽で早いのですが、パスポートや健康保険証などでも大丈夫です!外国籍の方であれば、永住権の取得を証明できる書類が必要となるのでご準備ください。
書類の提出はWEBへのアップロードで終わらせることも可能で、郵送するための手間や時間をかける必要もありません。スマホのカメラやスキャナーで簡単にデータを作成できるので大変便利です。

本審査がスタート

オリックス銀行カードローンでは、仮審査で申し込み情報や信用情報の確認を行うため、本審査になって落ちるというケースはありません。しかし、提出された書類のチェックは入念に行われるため、申し込み情報と提出書類の内容に不備があれば、審査に落ちてしまう可能性もあります。
本審査には2~3日時間が必要なので、オリックス銀行カードローンでは、申し込みから最低でも2~3営業日必要となります。

本審査と並行してローンカードの発行&郵送

オリックス銀行カードローンでは、少しでもかかる時間を節約するため、本審査の結果が出る前にローンカードの発行と郵送手続きを進めます。
そのため、本審査が終わる前に、ローンカードが届く可能性もあります。
しかし、本審査が終わらない限り、融資を受けることが出来ないのでご注意ください。
逆に本審査が終わったけれど、ローンカードが手元に届かないという場合でも、ローンカードが登録された住所へ届いたことが確認されない限り、振込融資を受けることは出来ません。


オリックス銀行カードローンに申し込む際の注意点

困る
ここでの注意事項はやはり記入ミスなどが一番怖いポイントですね。
オリックス銀行カードローン側のシステムによって記入漏れなどがある場合は「まだ未記入の部分があります!」と教えてくれますが、本人による純粋な書き間違いなどはさすがにシステム側でも判断できないので、そのまま申し込んでしまう人も少なくはないので要注意なポイントです。
特にスマホから申し込む場合に多いのが、予測変換に出てきた言葉をタップしようとして違う言葉を選んでしまい、それに気づかないでそのまま送信してしまうケースが最近多発しているのです。特に「誤タッチ」の場合だと途中までの入力は合っているので、自分でも間違えていることに気づきにくいようです。
一度「送信ボタン」を押すと必ず最後に確認画面が挟まると思いますので、そこで入力した内容が間違っていないかの確認をするようにしてください。


オリックス銀行カードローン申し込みの必要書類

絶対に必要な書類 条件によって必要な書類
・運転免許証
・健康保険証
・マイナンバー
・パスポート
どれか一点
・預金口座振替依頼書
・在留カード
・特別永住者証明書

オリックス銀行カードローンは、状況に応じて必要な提出書類は変わります。
免許証や健康保険証などの身分証明書は、申し込みの際には必ず必要となっており、出来れば顔写真つきのものが好ましいとされています。
また、最近ではマイナンバーカードも提出書類として認められているので、書類の提出も楽になりました。
また、銀行振替で返済を希望している方は、預金口座振替依頼書を提出しなければなりません。
外国籍の方は永住権を取得していなければ申し込みを受け付けていないため、在留カードや特別永住者証明書を提出するようにしましょう。

収入証明書は何を提出すればいい?

勤めている方 事業主の方
・源泉徴収票
・納税証明書
・課税証明書
・確定申告書
・課税証明書
・確定申告書
・納税証明書

収入証明書は会社員や公務員の方であれば、源泉徴収票を提出するのが一番楽でしょう。
しかし、アルバイトやパートの方であれば、源泉徴収票が貰えない会社もあるため、役所などで証明書を発行するといいでしょう。
また、副業をしている方は、確定申告書でなければ正確に年収を把握できないため、事前に用意しておくことをおすすめします。

事業主の方は源泉徴収票がないため、申し込みの前に役所で発行してもらうようにしましょう。
また、事業主の方は返済リスクが高く、審査が厳しめになってしまうため、提出書類には不備がないようにしておきましょう。

NEXT PAGE:オリックス銀行カードローンの口コミ、評判