オリックス銀行カードローンの審査に通りやすくなるコツは?

[公開日] [最終更新日]

お金について悩む女性

オリックス銀行カードローンの審査は、高額融資でも少額融資でも柔軟に対応しているため、一般的に審査には通りやすいと言われています。
しかし、すでに多重債務を抱えている方や、初めてカードローンに申し込みをする方は、審査に通るかどうか不安なものです。
そこで、今回はオリックス銀行カードローンの審査で重要視されるポイントと、審査に通りやすくなるコツについて紹介します。


オリックス銀行カードローンの審査で重要視される項目

  • 返済能力
  • 信用情報
  • 他社からの借入残高

オリックス銀行カードローンの審査では、上記の3点が重要視されます。
そのため、カードローンに申し込む前に、自分が審査に通るか確認してみることをおすすめします。


返済能力では勤続年数が重要

オリックス銀行の審査では、返済能力を測る項目の中で、収入や勤務先なども重視されますが、一番見られるポイントは勤続年数です。
特に入社してから3年以内は退職するリスクが高いため、審査では不利に働いてしまいます。また、定年間近の方も職を失うリスクがあるため、審査が厳しくなり、限度額が低めに設定されることもあるようです。
また、それ以外にも職種は審査に与える影響が大きく、雇用が安定している職種が好まれる傾向にあります。

審査で評価されやすい職種は?

このように、公務員や上場しているような大企業に勤めている方であれば、多少債務を抱えていても審査には通ります
逆に自営業の方や水商売をやっている方は、いくら収入が高くても、一気に収入がなくなるリスクもあるため、返済リスクが高いと判断されることが多いようです。


信用情報では過去の返済履歴が重要

信用情報で一番見られるのが、過去の他のローンでの返済履歴です。
返済の遅延やトラブルがあった際には、信用情報に記録が残るようになっており、返済の遅延が度重なっていると、審査は不利になってしまうでしょう。

返済トラブルがあると原則審査は不可?

度重なる返済トラブルや、3カ月以上の返済遅延があった場合には、信用情報に事故情報が記録されてしまいます
事故情報が記録されている状態を一般的に「ブラック」と呼び、ブラック状態ではあらゆる与信審査に通ることが出来なくなるので、お金を借りる際には返済に注意しましょう。

他社からの借入残高は返済能力と合わせて考慮

オリックス銀行カードローンでは、他社からの借入がある状態でも審査に通ることが多いですが、返済能力が足りない場合や、あまりに債務額が大きすぎる場合には、当然ながら審査には通りません。

年収の3分の1を超える方は注意

オリックス銀行カードローンでは、年収の3分の1を超える借金を抱えている方は、相当審査は難しくなると思った方がいいでしょう。
特に収入が低い方であれば、追加融資を受けることは難しいです。


オリックス銀行カードローンの審査に通りやすくなるコツ

オリックス銀行カードローンでは、いくつかコツを抑えておくだけで、審査に通る確率をぐっと引き上げることができます。簡単に実践できるものばかりなので、オリックス銀行へ申し込む前にぜひ参考にしてください。

申し込み情報は細かく入力しよう

オリックス銀行カードローンはネットから申し込みを行いますが、その際入力フォームにいくつか必要な情報を記入します。
氏名や住所など最低限の情報を記入するだけでも申し込みは行えますが、出来る限り細かく情報を入力した方が、審査に通りやすくなるのでおすすめです。
例えば、連絡先に電話番号は、自分の携帯電話だけでも申し込みは可能ですが、もう一つ固定電話等がある方は入力した方が信頼を得やすくなります。
細かなところですが、最終的に判断を下す人間の心証一つで、審査結果は変わることもあるため、確実に審査に通りたいという方は意識した方がいいでしょう。

収入証明書など必要書類はすべて提出しよう

低額の限度額においても、収入証明書を提出することで審査に通る確率はアップします。
カードローンの審査で重要視されるのは、収入の高さではなく安定性です。
出来れば数カ月分の収入証明書をまとめて提出することで、業者からの信頼を得やすくなるのでおすすめです。

(※オリックス銀行カードローンでは、限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます)

利用目的で審査の通りやすさも変わるので注意

オリックス銀行カードローンでは、申し込みの際に利用目的が尋ねられます。
もちろん、カードローンの申し込みで虚偽の申請をしてはいけませんが、何も考えずに答えたのでは審査に通りづらくなります。
例えば、学費を支払ったために生活が苦しくなったという際に、利用目的を生活費と答えたのでは、業者にかなりお金に困っている印象を与えるため、審査に通りづらくなります。
そこで、利用目的を学費と設定しておけば、業者側からの心証をかなり良くすることができます。
特にギャンブルを利用目的に選ぶと、オリックス銀行からの信頼は著しく落ちてしまうため、ご注意ください。