審査なしのカードローンはない?その理由と対策を教えます!

[公開日] [最終更新日]

審査なしでカードローンを契約しようと思って困っていませんか?実際に、審査なしで契約をしてくれる金融機関はあるか探したいですよね。
そこで、今回は審査なしのカードローンは存在するのかをご紹介してから、状況に応じた解決法をご紹介いたします。借りることができなくて困っているという方は、解決法を参考にしてみてください。ガッツポーズをしているスーツ姿の女性

審査がないカードローンは存在するのか、問い合わせてみた

結論からいうと、残念ながら審査なしで借り入れできるカードローンはヤミ金しかありません。大手消費者金融、メガバンク、地方銀行のカードローンはすべて審査を行います。
なぜなら、消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法によって、個人の信用情報にもとづいて貸付を行っているからです。仮に審査なしで借り入れをして、もし貸し倒れなんて状況が起きてしまうと、利息をもらって利益を出すこれらの会社は赤字になってしまいます。
そこで、審査なしで借りたい理由から解決法をいくつかご紹介いたします。

審査なしで借りたい理由から解決

  • すぐにお金が必要
  • すでに借り入れがいくつかある
  • 債務整理を行ったことがある

<パターン1>すぐにお金が必要

一番多いパターンですが、審査をする時間もないほど急いでいる場合です。この場合は、金融機関の審査が「長い」と勘違いしていることから起こりやすいです。実際は、「最短30分審査」「最短1時間融資」という宣伝があるほど、スピーディーに審査を行うことができます。
思ったよりも審査時間が短いと、「ヤミ金かな?」と思ってしまいがちですが、皆さんもご存知のメガバンクや、一度は聞いたことのある消費者金融がほとんどなので、安心して利用することができます。

収入証明書不要ならすぐに借りられる

審査なしのカードローンはありませんが、収入証明不要で借り入れが可能カードローンはあります。借り入れを希望する金額が50万円までなら、年収は自己申告で大丈夫というカードローンがほとんどです。そのため審査の際に提出する書類は、本人の確認ができる運転免許証や健康保険証といった本人確認書類だけで構いません。

※オリックス銀行カードローンでは、限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となります。

審査で気をつけることは?

年収が自己申告で大丈夫ということは、他は何に気をつけるべきでしょうか。
ポイントはいくつかあります。限度額を高くし過ぎない、他社の返済履歴、一度にいくつもの会社へ申し込まない、絶対に嘘の年収を申告しない…など、他にもありますが、ひとまずこれらのことを守ってください。

しかし、上記を守っても審査に落ちることはあります。一定の基準を満たしていなければ審査に通ることはできません。審査の基準が気になるという方は、「オリックス銀行カードローンの審査詳細」こちらのページを参考にしてください。

<パターン2>すでに借り入れがいくつかある

急いでいるわけではないけれど審査なしで借りたいというと、その理由はだいぶ限られてきます。
1つは、「すでに他社からの借り入れがいくつかあって、総量規制の上限に達してしまっている」という状況です。こういった状況では、総量規制の対象外に頼るか、おまとめローンを利用することも検討しましょう。

総量規制の対象外とは?

総量規制とは、「年収の3分の1をこえる借り入れを制限する」という法律です。その対象外になりますので、つまり、年収の3分の1をこえて借り入れができるようになります。
しかしだからといって、無制限に借りることができるわけではありません。どのカードローンも審査をした結果、限度額が決まるので、1つのカードローン毎に借り入れできる金額は決まっています。ただし、借り入れ金額全体の合計金額が、総量規制をオーバーしてしまっても問題ありません。

<パターン3>債務整理を行ったことがある

過去に債務整理を行ったことがある場合、カードローンの審査に通ることが難しくなってしまいます。債務整理を行うと、その記録が信用情報の1つとして、信用情報機関に保管されます。少なくとも5年から10年は情報が保管されてしまうため、その間はカードローンの審査に通ることができないと思ってください。
それ以外にも、クレジットカードや他社カードローンの返済が遅れることがあったりすると、審査に悪影響を与える記録が残っていることもあります。記録された情報は、信用情報機関に問い合わせをして個人情報の開示請求をすることができるので、気になる方はカードローンへ申し込む前に調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめると、以下の通りです。

  • 審査なしで借り入れできるカードローンはヤミ金しかない。
  • すぐにお金が必要な場合は、メガバンクや大手消費者金融。
  • すでに借り入れがいくつかある場合は、おまとめローンが適している。
  • 債務整理を行ったことがある場合は、個人情報の開示請求をしてみましょう。