審査基準はコレだけ!借りやすいカードローン教えます

[公開日] [最終更新日]

「審査基準がわからないから、カードローンへの申込が不安でしょうがない」と思いませんか。なんでわからないかと言えば、そもそも銀行や消費者金融が審査基準を公表していないからです。

「それじゃあ対策のしようがないじゃないか!」と怒ってしまう方もいるかもしれません。ですが心配ご無用。カードローンは20歳以上で安定した収入があれば、ほぼすべての人が申し込むことができます。だから利用者からの体験談も多く、おさえるべきポイントはお伝えできます。

今回は3本立て、おさえるべき審査基準、すぐに借りれるカードローン、銀行と消費者金融の審査の違いでお送りいたします。スーツ姿の眼鏡女性

ズバリ言います!主な3つの審査基準

審査基準とは文字通り審査合否の判断材料のことで、おさえるべきポイントは下記の通りです。

①年収

どのカードローンも申込条件で「安定した収入」と言っていますが、これは「年収〇百万円以上」を意味しているわけではありません。

もちろん年収があるにこしたことはないですが、一番伝えたいのは「毎月一定の安定した収入がある」ということです。毎月給与を得ている方なら、会社員だけでなくパートやアルバイトも、カードローンの利用はそう難しくありません。

②勤務実績

次に重要なのは仕事に関する情報です。

まず言うまでもありませんが、会社員の方がパートやアルバイトの方よりも審査通過率は高いです。念のため理由を説明しておくと、会社員の方が仕事を辞めない可能性が高いからです。貸し倒れのリスクを少しでも減らそうとするわけですね。

次に勤務先と勤務年数です。勤務先は、名の知れた会社であればもちろん高評価です。ただそれよりも勤務年数が重要で、会社員であってもパート・アルバイトであっても関係なく、半年未満の勤務年数だとマイナス評価に繋がるとおもいましょう。

できれば1年以上の勤務実績が欲しいところです。

③他社借入状況

「他社借入」は、今回が初めてのカードローンではないという方が関係あります。

2社目、3社目となると、「この金額で借りてちゃんと返済できるのかな?」と金融機関も慎重になります。場合によっては希望した借入額よりも低い限度額で契約になることも珍しくありません。

基本的には自己申告制となっていますが、ここで誤魔化そうとして虚偽の申告をしないようにしましょう。後述する信用情報機関で裏を取られてしまうので、審査落ちの可能性が出てきてしまいます。

その他

その他にも審査で聞かれるものとして、居住年数、家族構成、保険証の種別などがあります。

居住年数は借家よりも持家、かつ長く住んでいるほど有利。短期間での転居が多いと、マイナス評価に繋がります。

家族構成は少し複雑で、独身・親と同居・子供無しが有利とされています。これは、返済能力があると見なされるかどうかという点と、返済の延滞があった際に催促をしやすいかという点で判断されています。

保険証は共済保険が一番有利で、なぜなら「公務員の方は共済保険」というようにある程度職業で種別が決まっているからです。どちらかというと勤務先の裏付けに聞いているだけ、という気が私はします。

ハイスペック&スピード!借りやすいカードローン3選

アコム

 アコム
金利 年3.0~18.0%
借入限度額 最大800万円

審査通過率が一番高い大手消費者金融は「アコム」です。その審査通過率はおよそ49%もあり、その他の消費者金融よりも5%近くの差があります。

また、消費者金融ながら低金利・高限度額のキャッシングも可能です。仮に年18.0%で10万円借りたとしても、1か月の利息は1,500円にも満たないのですが。

バンクイック

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 最大500万円

そのアコムを保証会社としているのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。保証会社というのは実際に審査業務を行う会社のことで、それがアコムということは「バンクイックも審査通過率が高い」という期待が持てます。

消費者金融では真似できない低金利は、銀行カードローン最大の強みですね。銀行は審査通過率が公表されていないため正確な数値はわかりませんが、経験から言って消費者金融よりは審査が多少難しくなります。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行ATMだけでなく、コンビニを含む提携ATMすべての取引手数料が無料なので、気にせず使いたい時に使えるカードローンとして重宝します。

プロミス

 プロミス
金利 年4.5~17.8%
借入限度額 最大500万円

アコムと並んで知名度の高い「プロミス」は、スピーディーな手続きが強みの消費者金融です。

アコムやプロミスをはじめ現在の大手消費者金融は、そのほとんどが「最短30分審査」「最短即日融資」を導入しています。その中でもより早さに力を入れているのがプロミスで、例えば本審査前の仮審査(借入診断)なら3秒で結果が出ます。

申込は、カンタン入力とフル入力を選ぶことができます。カンタンの方が早く申し込みが終わりますが、結局のところフルで聞かなかった項目を電話で聞かれることになります。電話を選ぶかネット入力を選ぶかは自由ですが、どちらにせよそれほど時間はかかりません。

銀行と消費者金融の審査の違い

銀行も消費者金融も審査基準そのものに大きな違いはありません。しかし、金利や限度額、そして総量規制の関係から銀行の方が審査通過率は低くなっています。

 

まとめ

審査基準は銀行も消費者金融もそう変わりませんが、借りられる金額の上限に違いがあることから、審査通過率にはそれなりの差があります。

申し込む前にはポイントをおさえて、スピードを重視するか低金利を重視するかで利用するカードローンを選ぶと良いですよ。