在籍確認電話の連絡先はどこ?審査に申し込む前の方は必見!

[公開日] [最終更新日]

これからキャッシングに申し込もうと考えている方は、審査でどんなことを聞かれるのか気になりますよね?実は、個人情報をいくつか入力した後に、申込者の勤務先へ電話で確認をする工程があります。何を確認されるのか気になりますよね?
そこで今回はこの電話についてご紹介して、このページを見てくださった皆さんが焦らず対応できるよう詳しくお伝えいたします。スマートフォンで電話をかける女性


キャッシングの審査にある「在籍確認」とは?

キャッシングやカードローンの審査には、審査のなかに在籍確認というステップがあります。在籍確認は、申込者の記入した勤務先へ、申込者が実際に勤務しているかを確認するための電話です。
申込者からすれば、「銀行や消費者金融から職場に電話が掛かってくるの?お金を借りていると知られてしまう!」と、気が気でないですよね。ですが金融機関は利用者へ配慮して、知られないように対応してくれます。まずはカードローン申込の一連の流れからご紹介します。

電話が掛けられるタイミング

申込から借り入れまでの一連の流れは、以下の通りです。
①申込
②審査
在籍確認の電話(ここまで行って審査完了となります)
④本人確認の電話と契約の意思確認
⑤契約
⑥カード発行→借り入れ
一連の流れの詳しい内容については、「オリックス銀行カードローンの申し込みまでの流れ」こちらのページをご参考ください。

在籍確認はどのようにして行われるの?

お金を借りようとしている金融機関から、勤務先へ電話されると考えると、申込をしたあなたのことを根掘り葉掘り聞かれると思いますよね?しかし、実際はあっという間に終わります。

(例)
勤務先「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社、△△です。」
金融機関「お世話になっております、××と申します。□□(申込者の名前)はいらっしゃいますか?」
勤務先「申し訳ありません。□□は、只今席を外しております。」
金融機関「かしこまりました、あらためます。失礼しました。」

上記のように、申込者が勤務先に在籍していることが一言確認できれば、他には何も聞くことはありません。また、金融機関が名乗る際は個人名で電話を掛けてくれるので、お金を借りようとしていることが知られることもありません。用件を聞かれても、連絡するオペレーターは「申込者以外には絶対に口外しないように指導されている」ので、知られてしまうことはありません。

在籍確認が電話で行われるということは…

勤務先へ電話されるということは、つまり営業日に電話をしてもらわないといけないということになります。そうなると土日祝日が休業日の方は、「平日にしか審査の申込ができない」ということが起きてしまうわけです。休日に借り入れたい場合は、コールセンターへ相談するか休日借り入れ対応している金融機関へ申し込む必要があります。


銀行と消費者金融の電話対応の違い

キャッシングの申込先には銀行と消費者金融があり、金利や限度額のスペックにそれぞれ違いがありますが、在籍確認も違いがあります。

銀行の場合

電話を掛けるときは、銀行名で名乗ります。銀行の場合は、キャッシング以外にもさまざまなものを取り扱っているので、お金を借りようとしていることが知られません。申し込みの際にこちらから希望を出せば、個人名でかけてもらうことも可能です。
取引先の会社名などで名乗ってほしいという希望もありますが、嘘の社名を名乗ることはできないので、銀行名か個人名のどちらかになります。

消費者金融の場合

電話を掛けるときは、個人名で名乗ります。消費者金融の場合は、社名を名乗ってしまうと、お金を借りようとしていることがすぐにわかってしまうため、銀行とは逆に絶対に社名を出しません。

在籍確認をしてほしくない場合

普段電話を掛けられるようなことがない等の理由で、電話をかけるのを止めてほしいという申込者の方もいます。こういった場合、電話の代わりに書類を提出することで、在籍確認と見なしてくれます。
現在、書類での在籍確認を行ってくれるのは、消費者金融のアイフル、モビット、プロミスです。書類で確認することで、休業日であってもすぐに審査を終わらせて、カードローンを利用することができるというメリットがあります。
一方、銀行は原則として電話で在籍確認を行います。

例外:本人確認が取れなかった場合

申込者の勤め先が大企業の場合などに、電話をかけても個人情報保護の観点から在籍確認をすることができないという場合もあります。この場合は、代わりに保険証や給与明細で在籍を確認することがあります。


まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 在籍確認とは、申込者の勤務先へ金融機関から行われる電話確認です。
  • 審査をする上で必ず行われます。
  • オペレーターが名乗る際、銀行は「銀行名」で、消費者金融は「個人名」で電話を掛けます。
  • 用件を聞かれてもオペレーターは絶対に口外しません。
  • アイフル、モビット、プロミスでは、在籍確認を書類で対応してくれます。

在籍確認は、カードローンの審査に申し込む上で避けては通れない道ですが、皆さんが不安に思っているほど大変なモノではありません。それでも不安な場合は、申し込む前にコールセンターへ連絡して、その旨をオペレーターへ相談するようにしましょう。