カードローンの借り換えをするメリットとデメリット

[公開日] [最終更新日]

カードローンの返済に困った場合には、債務整理まで追い込まれる前に借り換えをおすすめしています。
借り換えとは、今の債務を他社の金利が低いローンへと切り替えることで、今よりも安い利息で返済を行えるようにするというものです。
そこで、今回はカードローンの借り換えを行うメリットとデメリットについてご紹介いたします。


※本ページにはPRが含まれます。

借り換えの仕組みとは?

借り換えという言葉は、ローンに詳しくない方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、返済に困っている方はかなりお得に利息を抑えることができるのでおすすめです。
方法は簡単で、消費者金融から借りている借金を、より低い金利の業者からお金を借りて完済するというもの。
借り換えをすることによって、それ以降は安い利息で返済を行なっていけるのでお得なのです。
他社からの借入によって返済を一時的に行う多重債務とは異なり、借入先を金利の低い業者に切り替えるということなので、債務の返済にだんだんと困ってきたという方はぜひご利用ください。
また、すでに複数の業者から借金を抱えているという方にも、同じ方法を利用したおまとめローンというサービスがあるので、手遅れになる前にぜひご利用を検討してください。

消費者金融でも積極的に対応しています!

借り換えやおまとめローンというと、金利が低いことが条件であるので、銀行が主に行なっているイメージがあります。
しかし、最近では消費者金融でも積極的に取り扱われているのを忘れてはいけません。
消費者金融では総量規制というルールがあるので、他社からの借入が年収の3分の1近くある場合にはお金を貸すことができません。
しかし、利用者が一方的に有利な条件での融資、つまり現在抱えている融資よりも低い金利であれば総量規制の対象外となるので、現在よりも低い金利で借り換えを行うことが出来るのです。
また、貸金業法で定められた総量規制に違反しないために、個別で現在抱えている債務よりも低い金利で融資を行なっているので、返済が難しく、銀行の審査に通るのも難しそうだと感じている方は、ぜひ消費者金融が行う借り換えローンをご利用ください。


借り換えローンを利用するメリットをご紹介

借り換えローンを利用するメリットとしては、なんといっても現状よりも低い金利で返済が行えるということです。
また、新しい融資に切り替えることで、返済期限も大幅に伸ばすことが出来るので、返済が難しそうだと思った場合には積極的に借り換えを行なった方がいいでしょう。
また、業者からしても借り換えローンはリスクが高いので、今後の返済計画についても専門のプロが一緒になって考えてくれます
借金が積み重なってどうやって返済すればいいのか分からないという方は、借り換えをして堅実に完済への道を歩んでみてはいかがでしょうか。

デメリットはあるの?

借り換えローンは現在よりも低い金利で返済することが出来るだけなので、デメリットといわれるものが殆ど存在しません
ただし、基本的に借り換えは返済専用のローンなので、カードローンのように追加でお金を借りるということができません。
もちろん、借り換えは借金の返済に困っている方が利用するものなので、それ以上融資を受けることはおすすめ出来ませんが、どうしてもまだお金を借りる必要があるという方は、借り換えをするのはまだ控えておいた方が賢明でしょう。
また、通常の融資と比べて審査も幾分が厳しくなっているので、利用しようと思ってもなかなか審査に通ることが出来ないということがあるかもしれません。


借り換えは借金に困った際には積極的に利用していただきたいサービスです。
中には借り換えやおまとめローンを利用すると、信用情報に記載されてしまう、またブラックリストに登録されるかもしれないと不安に思っている方もいるようですが、借り換えやおまとめローンはれっきとした正しい融資なのでご安心ください。
店頭だけでなく、ネット申し込みでも借り換えは行えるので、興味のある方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。