カードローンの利用限度額はどう決まる?

[公開日] [最終更新日]

積み上げられたお金

カードローンを利用する上で気になるのが利用限度額です。
限度額は高くなればなるほど金利が安くなるため、出来る限り高い限度額で申し込むことをおすすめします。
限度額を引き上げるには、審査での評価を上げるだけでなく、高額の収入を持っていることを求められます。
今回はカードローンの限度額を引き上げるコツをご紹介します。


カードローンの限度額はどう決まる?

消費者金融などの貸金業者では、カードローンの限度額は総量規制を基本に設定されます。
総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を業者側に禁じたルールのことで、総量規制に応じて限度額は大きく変動します。

収入証明書は積極的に提出しよう

カードローンの限度額を引き上げる際には、収入証明書を積極的に提出するといいでしょう。
消費者金融では、限度額50万円まで収入証明書の提出を不要としていますが、収入証明書を提出しない限り、それ以上限度額を引き上げることができません。
銀行カードローンでも、収入証明書不要と書かれていても、提出するまで一定額以上限度額は上がらないのでご注意ください。

(オリックス銀行カードローンでは、限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となります)

限度額を引き上げる方法

カードローンで限度額を引き上げるには、年収を上げるだけでなく、継続的に利用を続けることが重要です。
消費者金融などでは、年収が低い場合、数十万円程度の限度額しか最初は提示されませんが、利用を続けていくことで、限度額を引き上げることが可能になります。
信用情報の評価が低くて、限度額が低くなってしまった方でも、借入と返済をしっかり行うことで、信用情報の評価を上げていくことが可能なのです。

限度額は下がることもある?

消費者金融は総量規制の関係から、年収に応じて限度額を変動させているため、年収が下がってしまうと、限度額も下がってしまう可能性があります。
カードローンでは一度収入証明書を提出して、限度額を引き上げた場合、定期的に収入証明書の提出が求められます
転職などをして、年収が下がった状態で収入証明書を提出すると、限度額が下がる危険性もあるためご注意ください。
現在、総量規制ギリギリの限度額の方は特に気をつけなければなりません。


カードローンの限度額を上げるメリットとは?

カードローンは限度額に応じて金利が変動します。
少ない限度額では、金利を高めに設定しなければ、利益を出すことはできません。
逆に、高額での融資だと、金利を低くしなければ、すぐに返済が出来なくなるため、業者側も低く設定しているのです。
そのため、十万円しか必要ないから十万円の限度額で申し込むのではなく、自分の年収を見て、ぎりぎりまで高い限度額を申し込んだ方がお得なのです。
しかし、限度額が高くなると、ついつい借りすぎてしまうこともあるため、借金と収入のバランスには気をつけましょう。

おまとめローンの仕組みについて

限度額を上げれば金利が下がる仕組みを利用したのが、おまとめローンです。
おまとめローンは、限度額が低くて金利が高い融資を一つにまとめて、限度額の高い融資に切り替えることで、金利を大幅に下げる金融サービスです。
多重債務に陥った方などは、おまとめローンを利用することで完済が可能となります。
おまとめローンは総量規制に関係なく利用できるため、借金に困っている方はぜひ相談してみることをおすすめします。


カードローンをお得に利用するには、限度額を引き上げることが重要で、限度額を引き上げるには信用情報の評価が大切です。
信用情報の評価は、継続的に利用することで上げることも可能なため、半年以上利用している方などは、限度額の引き上げを検討してみるといいでしょう。