カードローンの申し込みで注意するべき点は?

[公開日] [最終更新日]

申し込みで悩む女性

カードローンの申し込みは、注意しておくべき点を知らなければ、思わぬ理由から審査に落ちることになりかねません。
また、要望に合わせて申し込み方法の選び方も変わってくるため、比較サイトなどを参考にして、自分にあった申し込み方法を選ぶようにしましょう。


カードローンの申し込みで注意すべきこと

カードローンに申し込む際に気をつけるべきことをご紹介します。

申し込み情報は正確に!

カードローンでは、まず申し込み時に自分の情報を業者へと送らなければなりません。
その際に、自宅の住所や勤務先の住所など、間違いがないように細心の注意を払いましょう。
審査が始まって間違いに業者が気づいた場合には、疑わしい情報として信頼を失ってしまいます。番地の間違いなど細かな部分でも、マイナス評価に繋がるリスクがあるので気をつけましょう。
また、住所等はなるべく公的に認められているものを使うといいでしょう。業者の確認に手間がかかれば、その分審査にかかる時間も長くなるので気をつけましょう。

嘘の申請はデメリットが大きい

審査に不安だからといって、申し込み時に嘘の情報を申請してはいけません。
カードローン業者は、他社からの借り入れ状況なども、信用情報機関を通してすべて共有できるようになっています。カードローンの審査とは、これらの共有している信用情報をチェックするものなのです。
そのため、他社からの借り入れ状況など実際よりも少なく申請してしまうと、信頼できない顧客と評価され、審査は圧倒的に不利となります。
また、悪質な虚偽の申請を行った場合には、法的な罰則を受ける場合もあるので注意しましょう。
カードローンの申し込みでは、すべての情報を素直に答えることが求められます。

即日融資と即日審査の違いに注意

カードローンを利用する方の中には、即日融資を希望する方もいますが、中には間違えて即日審査のカードローンに申し込んでしまう方もいます。
即日融資と即日審査は文字では殆ど同じですが、即日審査に対応するだけのカードローンでは、当日中の借り入れは難しいと考えた方がいいでしょう。

申し込み時間に注意しよう!

銀行カードローンなどで即日融資を受けたいという方は、申し込み時間に気をつけましょう。銀行の営業時間は15時までと決まっているため、昼過ぎに申し込んでいたのでは、即日融資が受けられない可能性があります。
消費者金融でも、夜になると即日融資は難しくなるので、申し込む前に確認しておくといいでしょう。

必要書類を用意しておきましょう

カードローンの申し込みでは書類提出が求められます。
消費者金融や低額の融資を希望している方であれば、身分証明書を提出するだけで審査は終わりますが、高額の限度額を希望する方であれば、収入証明書など事前に用意しておきましょう。

(オリックス銀行カードローンでは、限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となります)

申し込み方法の種類はたくさん

カードローンの申し込み方法は種類が多いため、自分の要望にあった方法を選択しましょう。最近では銀行カードローンでもネット申し込みが可能となり、時間がない方にも大変便利です。

ネット申し込み

時間がとれずに、店頭まで申し込みに行く暇がないという方は、ネット申し込みがおすすめです。近年ではパソコンだけでなく、スマホからも簡単に申し込めるようになったので、空いた時間を利用することができます。
振込融資であれば即日対応している業者も多いため、急いでいる方にもおすすめです。

自動契約機申し込み

自動契約機から申し込みを行えれば、提携ATMで利用できるローンカードをその場で発行できます。ローンカードを持っていれば、ATMなどで簡単に借り入れが出来るため、もしもの時にも安心です。
ネット申し込みからであっても、自動契約機でカードをすぐに発行できる業者も多いようです。

郵送・電話申し込み

パソコンの操作が苦手という方や、ネット環境が整っていないという方は、郵送か電話申し込みがおすすめです。
郵送は店頭にある申し込み用紙を業者へと送ることで申し込みができ、借り入れまで1週間以上かかるのが難点です。
電話申し込みでは、専用のオペレーターが対応してくれるため、不安な点がある方などは一度相談してみるといいでしょう。


カードローンの申し込み方法には注意すべき点がたくさんあります。
審査に何度も落ちて困っているという方や、これからカードローンを申し込もうと考えている方は、一度申し込みについて考えてみるといいでしょう。