即日融資の申し込みは何時まで対応している?

[公開日]

カードローンへの申し込み

即日融資の申し込みを受け付けている時間は、消費者金融と銀行によって変わってきます。
消費者金融の即日融資であれば、夕方以降でも受け付けている業者もありますが、銀行系では営業時間が過ぎると対応できないようです。
また、即日融資に申し込む際に気をつけることも含めてご紹介いたします。


即日融資は何時まで大丈夫?

即日融資に対応する時間は業者の種類によって変わります。
消費者金融系であれば、自動契約機等では18時以降に申し込んでも即日融資が受けられることもあり、仕事が終わった後でも即日融資を受けることが可能です。
ただし、業者によって営業時間はかなり違うため、申し込む前に公式サイトで確認しておくことは必須です。
銀行カードローンでは営業時間内に申し込むことが重要で、15時以内に契約を結んでいなければ基本的に借り入れは不可能です。
当日中に借り入れをしたい方は、午前中など早い時期に申し込むことをおすすめします。


即日融資を受けやすくするコツ

即日融資は一度審査に断られると、もう当日中に借り入れするのは難しくなります。
そのため、一回の申し込みで審査に通過することが重要です。
金利などスペックを比較すると、銀行から借りた方がいいと思う方も多いですが、銀行は審査がかなり厳しいので注意した方がいいでしょう。確実に審査を受けるためには、審査に通りやすい業者を選ぶのも大切です。

消費者金融の審査通過率はどれくらい?

株式上場している大手消費者金融では、公式サイト等から審査通過率をチェックできます。
大手消費者金融でも、審査通過率は50%行っておらず、アコムの40%後半というのが一番高い数字となっています。
銀行カードローンは、基本的に審査通過率の開示を行っていませんが、新生銀行カードローンの「レイク」では、審査通過率が30%程度となっているので、なかなか利用するのは難しいといえるでしょう。

審査を早めるコツは?

大手消費者金融の審査では、大体30分程度かかると言われていますが、実際には更に早めることも可能です。
ネットからカードローンに申し込んだ方は、業者からの確認電話を待つのではなく、自分から業者へと電話を掛けた方が無駄な時間を省くことができます。アイフルなどでは急いでいる人専用のダイヤルも用意されているので、効率良く申し込みを終わらせることも可能です。


銀行カードローンの審査に時間がかかる理由

銀行カードローンは、15時までに営業を終わらせれば利用可能ですが、14時ごろに申し込んでも15時までに契約を結ぶのは難しいでしょう。
なぜなら、銀行カードローンは消費者金融と比べて、審査の過程が一つ多くなっているからです。

銀行カードローンには保証会社が必要

消費者金融のカードローンでは、借り入れる業者の審査に通りさえすれば、融資は受けられますが、銀行カードローンを利用するには、保証会社の審査にも通る必要があります。
カードローンは原則的に担保や保証人が必要ありませんが、保証会社を保証人の代理に立てているだけなのです。
そのため、借金の返済が滞って契約が破棄された場合には、保証会社が代わりに借金を返済し、今度は保証会社が取り立てを行うことになります。
公共性の高い銀行と民間の保証会社、取り立てはどちらが厳しいのか、考えるまでもありません。


即日融資でカードローンを受けるには、午前中に申し込んでおくのがベストです。
また、夜中のうちにネットから申し込んでおくと、翌日の審査で優先的に取り扱われるため、早く審査結果を受け取ることができます。
即日融資を希望している方は、ネットからとりあえず申し込みだけでも済ませておくことをおすすめします。