消費者金融のカードローンは銀行より高い?

[公開日]

消費者金融のカードローンは、銀行よりも利息が安いこともあります。
金利表示だけを見ていたのでは、両者の間には数%の金利差が見られますが、消費者金融には無利息期間があるので、実質かかる利息を大幅に減らすことが出来るのです。
返済が長期に長引く場合には、銀行からお金を借りた方がお得ですが、短期の融資であれば消費者金融のカードローンがお得なのです。


消費者金融カードローンの金利は高い?

消費者金融カードローンは、銀行カードローンと比べて数%金利は高めです。
アコムやアイフルでは、上限金利を18.0%で設定しており、プロミスでは17.8%に上限金利を設定しています。
銀行カードローンであれば、上限金利が15.0%を切っていることが多いので、2~3%程度銀行カードローンの方が金利は安いです。
下限金利においても、横浜銀行カードローンでは金利が1.9%と非常に安いですが、消費者金融ではモビットの3.0%が最安値となっており、金利の数字だけを見ると銀行カードローンの方が有利です。

一番金利の安い消費者金融はどこ?

消費者金融の中で一番金利が安いといえば、プロミスです。
上限金利が18.0%を切る消費者金融のカードローンは非常に珍しく、無利息期間もついているのでお得です。
モビットは、下限金利は3.0%と非常に安いですが、限度額も800万円と高いので、低い金利を適用されるには、多額の借入をしなければなりません。
カードローンの利用者の大半が、50万円以下の限度額に申し込んでいることを考えると、プロミスからお金を借りるのが一番でしょう。


無利息期間はどれくらいお得?

消費者金融では無利息期間があるので、一概に銀行の方がお得とはいえません。
最大30日間の無利息期間と聞くと、2カ月以降は利息が発生するので、大きなメリットを感じない方もいるかもしれませんが、最初のひと月分の利息をカットできるというのは、トータルで支払う利息を考えると非常にお得なのです。
たとえ、5%程度銀行と金利の差があったとしても、数カ月で返済する場合であれば、無利息キャッシングを利用した方がお得です。
各業者にある返済シミュレーションでは、無利息期間を計算することは出来ないので、自分で利息を計算しなくてはいけません。


ついにアイフルが無利息キャッシングをスタート!

最近の消費者金融業界に流れた一大ニュースといえば、アイフルが無利息キャッシングをスタートしたということです。
これまで無利息期間を行う消費者金融といえば、アコムやプロミス、シンキのノーローンと限られていましたが、アイフルが加わったことにより、無利息期間を行う消費者金融の選択肢も増えたことになります。
アイフルはこれまで接客サービスや、申し込みやすさなどを売りにしていましたが、これからは利息も安いカードローンとして人気が出そうです。


目的に合わせて安いカードローンを選ぶことが可能!

消費者金融のカードローンを利用する際には、あらかじめ目的を決めておくことで、金利をかなり安くすることも可能です。
たとえば、学生ローンであれば、少額の融資ではありますが、大手消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。
また、住宅ローンなどに代表されるように、融資の目的がはっきりしていれば、業者からの信用度も上がり、安い金利で融資を受けることも可能です。


最近ではマイナス金利も導入されるなど、金融業界全体の金利が下がる可能性があります。
業者側も資産をどんどん流動させた方がお得なので、融資も積極的に行われることになるでしょう。
資格取得や海外旅行など、まとまったお金があればチャレンジしたいことがいっぱいある方は、この機会に消費者金融のカードローンを利用するといいでしょう。