金利が安いおすすめのカードローンは?

[公開日] [最終更新日]

金利が安いカードローンといえば、消費者金融よりも銀行がおすすめです。
しかし、消費者金融では無利息キャンペーンも行っているため、利息で見れば消費者金融の方が安いケースも多く見られます。
また、三井住友カード「ゴールドローン」では、毎年金利引き下げサービスを行っているので非常にお得です。


銀行カードローンの金利が安い理由

銀行カードローンの金利が安い一番の理由は、資金調達が他の業者と比べて容易だからです。
消費者金融などでは、銀行から融資を受けて資金を調達しているため、銀行からの金利が顧客に上乗せされる形となりますが、銀行では自社で豊富な資金を持っているため、余分なコストが発生することもありません。
また、銀行は一般のキャッシング業者と比べて審査が厳しく、リスクの低い顧客を対象に貸し出しを行っているため、全体的に金利が安くなっているようです。

金利が低いおすすめの銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、二つのプランが話題の銀行カードローンです。
審査の通りやすさを求める方にはコンフォートプランがおすすめで、手軽に利用できる利便性が人気です。
エグゼクティブプランでは、わずか3.0%と下限金利が非常に安いカードローンで、最大1000万円まで借り入れ可能なので、あらゆる用途に利用できます。

みずほ銀行カードローン

金利 限度額 無利息期間 特徴
3.0%~7.0% 1000万円 なし 選べる二つの金利プラン

消費者金融の無利息期間とは?

利息の安いカードローンを求めるのであれば、銀行よりも消費者金融がおすすめになる場合もあります。
消費者金融では初めて利用した方などを対象に、一定期間利息が発生しない無利息期間を設けています。無利息期間中は金利が0%になるのと同じなので、どんなカードローンよりも金利は安いといえます。
無利息期間は最大30日と設定している業者が多く、数カ月程度の短期借り入れを考えている方は、無利息期間が用意されている業者を利用するといいでしょう。

金利が低いおすすめの消費者金融カードローン

プロミス

プロミスは基本金利が大手消費者金融の中で一番安く、二種類の無利息期間が非常にお得なカードローンです。
大抵の業者が無利息期間は一度しか利用できないのに対し、プロミスは何度でも利用できるという強みがあります。
利息をなるべく安くしたいという方は、銀行系のカードローンではなく、プロミスから借りた方がいいかもしれません。

プロミス

金利 限度額 無利息期間 特徴
4.5%~17.8% 500万円 最大30日・ポイント制 貯まったポイントで無利息期間が利用可能

 

金利と限度額の関係

カードローンでは、限度額が上がれば金利は反比例的に下がっていきます
限度額に応じて法定金利が決められていることも理由の一つですが、多額の融資に高い金利を設定すれば、返済不能に陥るリスクが高くなり、業者にとってのデメリットも大きいという問題もあります。
そのため、カードローンに申し込む際には、出来る限り高い限度額で申し込んだ方がお得なのです。

三井住友カード「ゴールドローン」がおすすめの理由

カードローンは限度額が高ければ金利は下がりますが、収入が高くなければ限度額を上げることも出来ません。しかし、三井住友ゴールドローンでは、低い限度額であっても、継続して利用することで、金利を引き下げることが可能です。
毎年利用実績に応じて0.3%まで引き下げが可能で、最大1.2%まで金利を引き下げることができます。遅延なく返済を続けるだけで金利は下がっていくため、長期的な融資を考えている方は、三井住友カードのゴールドローンを利用するといいでしょう。
三井住友カードゴールドローン

金利 限度額 無利息期間 特徴
3.5%~9.8% 700万円 なし 一年ごとに0.3%の金利引き下げサービス