総量規制の正しい仕組み!除外・例外・対象外とは?

[公開日] [最終更新日]

総量規制とは年収の1/3を超える貸し付けを禁じる規制のことで、過剰貸付を抑えるために貸金業法によって規定されています。

この総量規制が導入されたことにより、すでに借金を抱えている方や、年収が低い方はカードローンの審査に通るのが難しくなってしまいました。

しかし多重債務や収入が減ってしまった方でも、総量規制対象外のカードローンであれば融資を受けることができるのでおすすめです。

この記事では総量規制についての基本的な説明と、総量規制の対象外となるカードローンを合わせて紹介しています。

総量規制の正しい仕組みを知りたい方はぜひお役立てください。

財布からカードを出すスーツ姿の男性の手元

総量規制とは?除外と例外について

総量規制とは2010年に貸金業法が改正されたときに、新しく導入された規制です。

借入総額が年収の1/3を超える貸し付けを禁止しており、違反した貸金業者には罰則が用意されています。

1社からの借り入れだけでなく、他社借り入れを含めて年収の1/3を超えることが禁じられているので、すでに借金を抱えている方は審査に通りにくくなりました。

また総量規制によって1社から50万円以上借りるときと、他社含めて100万円以上借りるときには収入証明書の提出も義務付けられました。該当する方はあらかじめ収入証明書を用意しておきましょう。

しかし総量規制はすべての貸し付けが対象となっているわけではありません。中には除外と例外になる貸し付けもあるのです。

また総量規制の対象外となる貸し付けもあるので、これから詳しく解説していきます。

まずは総量規制の除外と例外になる貸し付けから説明していきます。

除外となる貸し付け

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

※日本貸金業協会HP「貸金業法について」より引用

上記の貸し付けは総量規制から除外されます。

借り入れとしてもカウントされないので、上記の貸し付けでの借入額が年収の1/3を超えていたとしても問題はありません。

そのため総量規制を気にすることなく審査を受けることができます。

例外となる貸し付け

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

※日本貸金業協会HP「貸金業法について」より引用

上記の貸し付けは本来であれば総量規制の対象になりますが、必要に応じて例外として年収の1/3を超える貸し付けが認められています。

そのため例外となる貸し付けでの借入額が年収の1/3を超えている場合、総量規制の対象となるカードローンを利用することはできません。

総量規制の除外と例外になる貸し付けは、両者年収の1/3以上借りられる点では同じですが、意味合いは微妙に異なります。

また総量規制の対象外となるカードローンであれば、総量規制について何も考えずに融資を受けることができるのでおすすめです。

ここからは総量規制の対象外となるカードローンについて解説していきます。

銀行カードローンは総量規制の対象外!

総量規制は貸金業法で定めれている規制なので、貸金業法の対象とはならない銀行の融資は総量規制の対象外となります。

そのため銀行カードローンであれば、総量規制に関係なく年収の1/3以上融資を受けることができるのです。

すでに年収の1/3を超える債務を抱えている方でも、返済能力さえ認められれば銀行カードローンを利用することができます。

また他社からの借り入れや、債務を一つにまとめるおまとめローンも、銀行カードローンを活用すれば簡単です。

銀行カードローンを活用した借り換えやおまとめは、記事の後半で紹介しているので、借金の返済に困っている方はぜひ参考にしてください。

※ただし2017年の5月から、銀行カードローンの中でも自主規制の動きが強まっており、限度額50万円を超える場合では収入証明書が必要となる銀行も増えています。

ここからは当サイトがおすすめする「総量規制対象外の銀行カードローン」を紹介します。

総量規制対象外のカードローン【ベスト3】

カードローンの使い方は、消費者金融のときと変わりません。どちらも同じカードローンです。

大きく変わるのは2つ。1つは金利と限度額で、銀行カードローンは基本的に消費者金融よりも低金利・高限度額に設定されています。

もう1つは審査の成約率。要するに審査通過率ですが、銀行カードローンは低めです。①総量規制対象外、②低金利高限度額の2つがある以上、利用者をある程度選ばなければならないのは仕方がないですね。

バンクイック

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 最大500万円

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも審査スピードが早いです。「最短30分審査」、「即日融資可能」、「口座開設不要」、「テレビ窓口を利用すれば最短40分でカードローン利用可能」と、スピーディーな対応に力を入れていることがわかります。

レイク

新生銀行レイク
金利 年4.5~18.0%
借入限度額 最大500万円
収入証明 100万円から

「レイクって消費者金融じゃないの?」という方は少なくないと思いますが、数年前に「新生銀行レイク」として銀行カードローンに生まれ変わりました。そのため、金利や限度額は消費者金融寄りですが、きちんと総量規制の対象外となっているので、安心してください。

レイクの最大の特徴は、2種類の無利息があることです。無利息サービスは大手消費者金融に多いので、また勘違いしてしまうかもしれませんが、何度も言います。銀行カードローンです。

1つは、借入額問わず30日間無利息サービス。もう1つは、借入5万円まで180日間無利息サービスです。後者は、レイクにしかないサービスです。例えば、「借入限度額は5~10万円までで良いから、利息をできるだけ抑えたい!」というケースで活躍します。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
金利 年4.0~14.5%
借入限度額 最大800万円
収入証明 300万円から

三井住友銀行カードローンは、キャッシュカード一体型のカードローンが特徴的です。普通預金口座のキャッシュカードをお持ちの方は、カードローン発行時に、「ローンカードで発行する」か「キャッシュカードと併せる」かを選ぶことができます。財布のスペースにも優しいので、おすすめしたいカードの1枚です。

総量規制対象外のカードローンで借り換え・おまとめがおすすめ

借金の返済に困って新たに借り入れしようと考えている方は、総量規制対象外のカードローンで借り換えやおまとめを検討しましょう。

借り換えとは現在抱えている債務よりも低金利のカードローンへ切り替えるもので、毎月の利息を安く抑えることができます。

おまとめとは複数の債務を一つに借り換えることを意味しており、1社⇒1社の借り換えよりも大幅に利息を抑えることが出来る可能性が高いです。

カードローンでは借入額が高くなれば金利も下がっていくので、複数の債務を一つにまとめた方が金利が下がってお得なのです。

借り換えやおまとめローンは総量規制の例外として認められているので、消費者金融でも専用のローン商品が用意されています。しかし基本的には銀行カードローンの方が手軽でお得なのでおすすめです。

ここからは銀行カードローンで借り換え・おまとめをするメリットを紹介します。

銀行カードローンの方が申し込みは簡単

消費者金融のおまとめローンを利用する場合、総量規制の例外として認められるために手続きを行わなければなりません。

収入証明書は必ず必要になり、他社からの借金を証明するために利用明細など提出しなければならないのです。

また基本的にネット上だけで契約手続きを終わらせることができず、一度店頭まで足を運ぶ必要があります。

その点、銀行であれば通常のカードローンで借り換え・おまとめに対応しているところもあり、わざわざ他社借り入れを証明する必要がありません。また限度額300万円まで身分証明書だけで申し込みできることもあります。

銀行の融資といえば面倒なイメージがありますが、借り換え・おまとめローンであれば銀行の方が手軽に利用できるケースが多いです。

ただしオリックス銀行カードローンの場合、限度額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が求められています。

銀行カードローンの方が低金利であることが多い

消費者金融の借り換え・おまとめローンを利用すれば、現在抱えている借金よりも確実に金利を下げることはできます。総量規制の例外と認められるためには、顧客が一方的に有利となる条件で貸し付けを行わなければならないからです。

しかしそれでも銀行カードローンと比べると、金利は若干高くなります。

消費者金融の借り換え・おまとめは上限金利15%程度で設定されていますが、銀行カードローンの中には上限金利10%以下で融資を行っている銀行もあります。

当然金利の低い銀行カードローンは審査が厳しいので、他社借り入れがあるとなかなか審査に通りませんが、まずは銀行カードローンにチャレンジすることをおすすめします。

消費者金融の借り換え・おまとめローンは、どこの審査にも通らなかったときの最終手段と考えておけばいいでしょう。

総量規制に関するよくある質問Q&A

Q1、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は総量規制対象外?

A、ショッピング枠は総量規制対象外ですが、キャッシング枠は対象です。

キャッシング枠はカードローンとほとんど同じ扱いです。銀行カードローンと比較すると、クレジットカードは高めの固定金利となっています。そのため、キャッシング枠を頻繁に利用するのであれば、おすすめした銀行カードローンの利用を検討してほしいですね。

Q2、銀行カードローンと消費者金融から借りているのですが、さらに借りれますか?

A、総量規制をオーバーしないように調整されます。

例えば、年収300万円の方が、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングから借入があるとします。銀行から70万円、消費者金融で30万円のキャッシングを利用している場合、新しく借入ができるかどうか。おそらく無理です。

過去の審査で年収がわかっている以上、新しく申し込んだローンの審査に落ちてしまう可能性が高いからです。借入限度額の合計が年収の3分の1以上になってしまうのであれば、返済能力が不十分と見なされてしまいます。

Q3、一番コスパの良い銀行カードローンはどれですか?

A、返済能力に問題がないのであれば銀行カードローンをおすすめします。しかし何を重視するのかによって変わります。

例えばあなたがとても急いでいて、「どうしても今日中にお金が必要なんだ!」という状況だったら、銀行よりも大手消費者金融の方が審査スピードは早く、審査通過率も高いので選ぶべきです。

「あまり利息を払いたくない」のであれば、多少審査は難しくとも銀行カードローンに申し込むべきです。ただし、消費者金融よりも数%は低金利の消費者金融を選びましょう。